PR

ダイエット成功の秘訣!!ダイエットとDHA・EPAには、深い関係があります

私の独り言

皆さん、こんにちは!いきなりですが、お魚はお好きですか?

特に筋トレ好きな方は、たんぱく質の摂取を重視し、魚よりも肉を中心に食事していませんか?

しかし、実は魚にはボディメイクのための栄養素がたくさん含まれているんですよ!

お肉にはない魚の良さを知って、ぜひボディメイクに役立ててみてください!

魚に含まれるEPAとDHAについて説明します。

魚の脂肪はお肉とは違い、体内で固まらない不飽和脂肪酸です。

特に魚にはオメガ3脂肪酸と呼ばれるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれています。

お肉だけでは摂取することができないので、魚を食べることが必要なんです!

それぞれの効果も説明します。

■>>>>>【初めての方は980円】大正製薬の栄養補助食品『大正DHA・EPA』

まず、EPAです。

EPAには血液をサラサラにする効果があります。また、ダイエットにも重要な役割を果たし、悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させる一方、善玉コレステロールを増やす働きもあります。

次にDHAです。

DHAは主に脳や神経組織の成長や機能の維持に役立ちます。また、血中の中性脂肪を減らす働きもあると言われています。

さらに魚は、栄養素の宝庫なんです!

実は魚にはビタミンも豊富に含まれています。

ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB1、B2、B6など、多くのビタミンを摂取することができます。これらのビタミンは体の健康を整えたり、美肌にも効果的な栄養素です。

最後に、EPAとDHAを逃さない調理方法をお伝えします。EPAとDHAをしっかり摂取するためには、生の状態で食べることがおすすめです。

生魚の中に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は、加熱する過程で減少してしまいます。焼き物や煮物では約20%、揚げ物では約50%も減ってしまうのです

例えば、調理する際には、出てしまった脂を利用することがおすすめです。

フライパンでソテーやムニエルを作った後は、残った脂分をうまみエキスとして利用してソースを作ることができます。また、ホイル焼きにするという方法もおすすめです。

水煮缶にもEPAやDHAが多く含まれていますので、水を切らずに中身をすべて使うと良いでしょう。肉と魚はバランス良く摂取することが重要です。

■>>>>>【初めての方は980円】大正製薬の栄養補助食品『大正DHA・EPA』

ここで、ある疑問が浮かぶかもしれません。「ボディメイクには肉と魚、どちらが良いの?」というものです。

たんぱく質は、アミノ酸という成分から構成されています。たんぱく質の質は、その中で必須アミノ酸と呼ばれる9種類のバランスによって決まります。

ですので、ただ魚を毎日食べるだけではなく、様々な食品を組み合わせることによって必須アミノ酸を補うことができます。肉と魚をバランスよく摂取することが大切なんですね。

食事を減らすことで痩せるというのは間違いありませんが、しかしツラいことも事実です。

贅肉の浮き輪(お腹まわりの脂肪)を取るためには、普段の食事に栄養や機能をプラスする「足す食事」を取り入れることが重要です。

必須脂肪酸であるEPAやDHAがなぜ贅肉の浮き輪に効果的なのかを詳しく説明します。

浮き輪ゾーンとは、ヘソと左右の腰骨の間を中心に、腰まわりを帯状に一周する贅肉の部分を指します。

この部分には内臓脂肪がたまり、外側を皮下脂肪が囲んでいます。

体脂肪がたまっていることで浮き輪のような形状になっているため、浮き輪ゾーンと呼ばれています。

今までのダイエット方法では、カロリーや食事量を減らす「引く食事」が主流でした。しかし、このような食事制限は窮屈で辛く、長期間続けることが難しいです。

脱・浮き輪対策として、贅肉を減らすために必要な栄養素を摂取する「足す食事」を取り入れたいと考えます。

今回は、足したい9つの栄養素と機能性成分の中から、必須脂肪酸EPA・DHAについて解説します。

■>>>>>【初めての方は980円】大正製薬の栄養補助食品『大正DHA・EPA』

体脂肪を燃やすために欠かせないEPA・DHAの効果について詳しくご説明します。

現代の日本では、外食や中食、自炊において、魚よりも肉を摂る機会が頻繁にあります。

かつて魚が大好きだった日本人の魚離れが進み、肉の消費量が魚を逆転したのは約10年前のことです。

その格差は年々広がっています。肉自体が悪いわけではありませんが、肉ばかり食べると栄養が偏ってしまうことがあります。

それがEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)です。

これらはサバやサンマなどの青魚やマグロなどの脂の多い魚に含まれる脂肪酸です。

EPAとDHAは体内で生成することができないため、食事から摂取する必要がある必須脂肪酸の一種です。

EPAとDHAにはさまざまな働きがありますが、ダイエットに関連する点では、脂肪細胞との関係が注目されています。

脂肪細胞には、体脂肪を蓄積する白色の脂肪細胞(WAT)のほかに、体脂肪を燃焼して熱を発する茶色の脂肪細胞(BAT)が存在します。

BATはWATとは対照的に、体脂肪を燃焼して体温を維持する役割を果たしています。

EPAとDHAは、大人のWATをBATのような機能を持つベージュ細胞へと変化させる力があり、体脂肪を燃焼しやすい体質に変えることができます。

食事には、青魚やマグロなどを積極的に取り入れましょう。

浮き輪状の贅肉を燃焼させるためには、酸素が必要不可欠ですが、その中でもEPAは重要な役割を果たしています。

血管内で酸素を運ぶのは、円盤のような形をした赤血球です。EPAは赤血球の一部でもあります。

体内の血管のほとんどは毛細血管であり、その直径は赤血球よりも小さい場合もあります。

この狭い毛細血管を赤血球は柔軟に変形し、狭い場所をスムーズに通り抜けることができます。

EPAを豊富に摂取すると、赤血球の柔軟性が向上し、狭い毛細血管の奥にまで酸素を効率的に運ぶことができるようになり、全身で脂肪燃焼を促進することができます。

したがって、食事には青魚やマグロなどを積極的に取り入れることが重要です。EPAはダイエットをする人にとって、必要不可欠な栄養素です。

EPAを摂取することによって、体脂肪を燃焼するための有酸素運動がより容易に行えるようになります。実際、EPAを摂取しているランナーは、酸素を効率的に活用し、エネルギーを効果的に得ることができるようになり、体重が増えることを抑制できています。

その結果、タイムを短縮することが科学的に証明されています。つまり、EPAはランナーにとっても非常に重要な栄養素です。

DHA・EPAのサプリメントなら、以下の製薬会社が発売しているものをおすすめします。

■>>>>>【初めての方は980円】大正製薬の栄養補助食品『大正DHA・EPA』

コメント

タイトルとURLをコピーしました