PR

マクドナルドを食べて、ダイエットできるつもりでいる?

私の独り言

ダイエット中は、マクドナルドの食事は許可されるのでしょうか?

栄養士に太らないような食べ方を聞いてみました。

子供から大人まで、みんなが大好きなマクドナルド。「ただし、カロリーが高いため、ダイエット中は食べない方がいいのかな」と、諦めてしまうこともあるでしょう。

しかし、実はちょっとした工夫を加えるだけで、ダイエット中でも罪悪感なくマクドナルドを楽しむことができます。

まず、ダイエット中にマクドナルドは許可されるのでしょうか?

一般的に、ダイエット中の食事は鶏むね肉やブロッコリーなどのシンプルなものをイメージする方が多いかもしれません。

ですが、ダイエット中にマクドナルドを食べても全然大丈夫です。

「マクドナルドは美味しい反面、ハイカロリーなメニューもあります。そのため、ダイエット中に避ける方も多いですが、カロリーが高いご飯は絶対に食べてはいけないというわけではありません。食事制限しすぎて『ふとネジが外れて爆食いしてしまった』という経験はありませんか?ダイエット中であっても、大好きなものを我慢し続けることはストレスを溜めてしまい、精神的にも良くありません。たとえ1日や2日食べ過ぎたとしても、気持ちを切り替えて通常の食事に戻せば大丈夫です。たまに食べ過ぎることは誰しもあるものです。1か月の間に数日食べ過ぎてしまったとしても、それを気にしすぎる必要はありません。心が折れてしまうこともあるかもしれませんが、『そういう日もあるよね』と気持ちを切り替えることが重要です」

次に、ダイエット中の摂取カロリーの目安について説明しましょう

ダイエット中の摂取カロリーは、個人の体格によって異なるため、各自で計算する必要があります。

厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準2020」には、性別と年代ごとに摂取エネルギーの目安が示されています。

ダイエットを目指す場合は、この数値から約200~300kcalを引いた値を目安にするのが良いでしょう。

男性と女性で年齢によって異なります。例えば、15〜17歳の男性の場合、2,800kcalが必要とされます。

同じ年齢の女性は2,300kcalが必要です。同様に、年齢が上がるにつれて必要なエネルギー量も変化します。

さて、PFCの目標値を求めるためには以下の計算式を使用します。

まず、タンパク質(P)の目標値は、目標摂取エネルギーを0.2倍し、その結果を4で割った値となります。次に、脂質(F)の目標値は、目標摂取エネルギーを0.3倍し、その結果を9で割った値です。最後に、炭水化物(C)の目標値は、目標摂取エネルギーを0.5倍し、その結果を4で割った値です。

例えば、23歳の女性の場合を考えましょう。彼女の目標摂取カロリーは2,000kcalですが、ここから計算するために300kcalを差し引いた1,700kcalとなります。必要なタンパク質を算出する場合、(1,700×0.2)÷4=85gとなります。

罪悪感を減らすためには、シンプルな味付けがポイントとなります。

揚げ物を避け、野菜を含むメニューやタンパク質源の入った料理がおすすめです。ハンバーガーやチーズバーガーは、マクドナルドの定番メニューで、カロリーも低く脂質とタンパク質のバランスも良いです。

また、エグチは卵とチーズを挟んだボリュームのあるハンバーガーで、たんぱく質を摂るには適しています。

スパビは、スパイシーなガーリックソースと新鮮なレタスがサンドされたハンバーガーです。

このハンバーガーは、野菜の不足を補うだけでなく、カロリーも低めです。1個あたりのカロリーは329kcalで、脂質は18.4g、炭水化物は28.3g、たんぱく質は12.8gです。

ベーコンレタスバーガーは、ビーフ、レタス、チーズに加えてベーコンの風味が加わり、ハーモニーのあるハンバーガーです。

マヨソースが入っているため、カロリーは若干高めですが、たんぱく質の量が豊富です。1個あたりのカロリーは370kcalで、脂質は19.8g、炭水化物は29.6g、たんぱく質は18.1gです。

ダイエット中にマックを食べる場合、少しでも罪悪感を減らすためのコツがあります。

食べる30分前に食物繊維入りのドリンクやシリアルバーなどを摂取することをおすすめしています。

食物繊維が豊富な食べ物は、食後の血糖値の急激な上昇を抑える効果があります。そのため、糖質の高い食べ物を摂る前に食物繊維を摂取することで、太りにくくなります。

また、ハンバーガーにポテトをセットで食べると、脂質摂取量がオーバーになってしまいます。

昼に食べる場合、夜は脂質を控えめにし、たんぱく質や野菜を中心とした食事を摂るように心がけましょう。

夜に食べる場合も、遅い時間ではなく早い時間に食べることで、胃への負担を軽減できます。

さらに、ハンバーガーの付け合わせとしてポテトやナゲットが人気ですが、サラダに変えるだけでカロリーを大幅に減らすことができます。

また、サラダには食物繊維が不足しがちなので、食物繊維を摂るためにもおすすめです。サラダのドレッシングは半量にして、カロリーダウン効果をさらに高めましょう。

以上の方法を実践することで、マックを食べる際の罪悪感を軽減することができます。ダイエット中でも楽しく食事を楽しむために、ぜひ試してみてください。

もしダイエットに追い込みをかけたい時やカロリーを意識している時期なら、サラダにチェンジすることをおすすめします。ただし、付属のドレッシングの量はかなり多いので、半分くらいに留めるとさらに良いです。

たまにならOKです!楽しく食べましょう♡

シンプルなバーガーを選ぶ、食べる前に食物繊維を含むものを一口食べておく、なるべくお昼に食べるといった食べ方に気をつければ、ダイエット中でもマクドナルドを食べることができます。ストレスをためずに上手にバランスを取りながらダイエットを頑張りましょう!

ぶっちゃけ毎日マクドナルドを食べることでダイエットはできません

マクドナルドを毎日食べても痩せる方法はありません。

マクドナルドのメニューは、一般的にカロリーや脂質が高く、栄養バランスが偏っていますので、毎日食べ続けると肥満や生活習慣病のリスクが高まります。

しかしながら、たまに食べたいときに我慢せずにマクドナルドを楽しんでも、ダイエットに良い効果があります。

これによりストレスを溜めずに満足感を得ることができるのです。

その場合は、以下のポイントを守れば太りにくくなります。

昼食にはセットメニューではなく、単品メニューを選ぶこと。ドリンクはお茶やコーヒーを選ぶこと。また、よく噛んで食べることも大切です。

さらに、他の食事で栄養バランスを調整することも重要です。

さて、マクドナルドのメニューの中でも、カロリーや糖質が低いものを選ぶと良いでしょう。

おすすめのメニューには、次のようなものがあります。エッグチーズバーガー(387kcal)、ベーコンレタスバーガー(374kcal)、チキンクリスプ(344kcal)、ハンバーガー(253kcal)、サイドサラダ(15kcal)などが挙げられます。

一方で、以下のようなメニューはカロリーや糖質が高いため、避けるべきです。

マックフライポテト(Lサイズ:497kcal)、ハッシュポテト(150kcal)、砂糖入りのドリンク(例:コカ・コーラMサイズ:140kcal)、てりやきマックバーガー(509kcal)、えびフィレオ(473kcal)などが該当します。

マクドナルドを食べる際は、これらの情報を参考にしてくださいね。どうぞ、ご検討ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました